足跡の畳


当店ホームページを見ていただいた方から特注畳の制作を依頼されました。

craft_038-5

当店の信念は
『作る喜び大切に どんな畳でも創って魅せます!』

もちろん可能な限り楽しく頑張らせていただきます。

以下はその手順になります。


1.お客さまからの提案

手書き図面で、八角形の畳に足跡を入れられないか?と、お問い合わせをいただきました。

お客様のご要望は琉球表にシルバーの縁を付けること。
そして、猫が歩き回った足跡を付けることです。

これは招き猫を二体飾る用の畳だそうです。

craft_038-1

2.当店からの提案

まずは設計図の製作からです。
おおよその寸法と、足跡の大きさや位置決めを御客様と打ち合わせします。

そして足跡は印刷か焼印か、刺繍か・・・
今回は刺繍に決まりました。

craft_038-2

3.材料の確認

畳縁として使うのシルバーの生地と使用する琉球表です。
色の比較に1、10、100円硬貨が置いてあります。

材料と図面のOKが出たら、いよいよ制作に入ります。

craft_038-3

4.制作

図面通りに刺繍が仕上がってまいりました。
流石一流の刺繍屋さんです。

余談ですが、くまモンの刺繍もこちらで依頼させて頂いております。

craft_038-4

5.完成

完成です。
丁寧に梱包して発送します。

craft_038-5

6.使用中

そして実際の使用写真を頂きました。
お客様のその後の感想こそが私の元気に繋がります。

今回は本当にありがとうございました!

craft_038-6

以下いろんな角度から撮った写真です。

craft_038-7craft_038-8craft_038-9craft_038-10craft_038-11craft_038-12

今回のこだわりポイント!
畳縁と畳表を重ねて踏んだ足跡を一ヶ所付けました。
これは私の自己満足で、このようにさせていただきました。